大天使ミカエル

14-399

 

私たちを助ける4人の大天使

大天使ミカエル:喜びの感情の守護者

ミカエルの名前には,“神と似たもの”あるいは“神のように見えるもの”という意味が込められています。ミカエルは光と神性の守護者であり、堕ちてしまった人々の魂が他の人間に害を与えないように導くという役割があたえられています。ミカエルは天使の軍団の隊長であり、負の要素を持った人々の魂を神の光にあて、癒します。負の感情によって恐れを抱いた時、言いようのない不安や恐怖に駆られた時,心に乱れが生じたり,怒りを感じた時,夫婦間や職場での人間関係がこじれたような時など、彼はいつでも私たちに救いの手を差し伸べてくださいます。

ここでは ドリーン・バーチュの“天使の癒し”を参考にして紹介しています。なお、大天使ミカエルのメッセージを伝えている ロナ・ハーマンの“光の翼”は わたしをミカエルに導いてくださり、スピリチュアルの世界により深くはいっていくきっかけとなった本です。

写真はスイスのフランス語地区、レマン湖に面した南向きの斜面のぶどう畑です。この辺りは ワインの産地で有名です。そして秋,紅葉の季節の美しいこと! この辺りには日本人にも良く知られた観光地、シオン城、ネッスレの本社のあるヴヴェイ、都市ローザンヌなど見所はたくさんあって、変化のある景色をたのしむことができます。

 

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中