「目覚についての最後のアドヴァイス」

14-269

レナードは「今この瞬間への旅」の一番最後の章で、彼自身の目覚めの体験を書かれています。そして,最後に書かれているのが、彼自身の私たちへのアドヴァイスです。以下に紹介します。

“ 私が描写した目覚めは頂点の体験であって、 他のあらゆる体験と同様にやってきては去っていくものです。目覚めの体験は恩寵によって起こり,自然に去って行きます。目覚めの体験にしがみつくことも,目覚めの体験を強く望むこともできないのです。

目覚めのプロセスにおいて、わたしが体験したような頂点の体験は必然ではありません。

多くの人達にとっては,目覚めは緩やかなものとなるでしょう。目覚めには真の責任を快く受け容れることが含まれます。目覚めは利己性との正しい関係が含まれます。目覚めは時間と分離を通り抜けるこの長い旅の過程で自分自身が「誰となっていたのか」の、そのあらゆる側面を暴け出す勇気と正直さが必要です。あなたは抑圧していた感情の貯蔵庫をすっかり空にさせなくてはならないでしょう。あなたは他者との絡まった糸のもつれから、あなた自身を解き放たなくてはならないでしょう。あなたは批判を超えなくてはならないでしょう。あなたは人生の真実、愛の真実、力の真実を受け容れるようにならなくてはならないでしょう。

しかしながら,目覚めへの本当の鍵は「今,この瞬間」がまさに人生の基盤となるよう、この瞬間に存在することの技術を身につけることなのです。

実在は問題解決のマスター・キーです。 実在はあなたの内なる「神と一体の自己]           (I  AM) 」のヴェールを取り除きます。実在は一体性を現します。実在は万物に息ずく神の実在を明らかにします。実在は地上の天国を出現させます。そして、実在は時間の世界における、あなたの人生を変容させるのです。」“   レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中