「受容」

14-252

 

“神を信頼することは、在るがままを完全に受け容れて生きるという意味です。世の中で受け身になって生きるということではありません。世の中で愛をもって、正直に,統合された状態で生きる。 真の力に溢れた人生を生きるということです。

それにもかかわらず、物事があなたのやり方で進まない時は,起きたことが何であっても、まさにあなたの最前の為に起きるべくして起きたのだと信頼するのです。

おそらく、神はあなたのレッスンを与えてくれたのです。たとえ今,そのレッスンの価値がわからなくても、後になってそれが計り知れない程貴重なことだったと判明するでしょう。おそらく,あなた自身で立てた計画よりも、神はあなたにより壮大な計画をたてているのです。”            レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中