「黄金の法則」

14-216

 

紹介していますのは レナード・ジェイコブソンの言葉です。

“内面に抑圧した感情の責任を取ることを学ぶと,自分自身の考えや行動がより意識的になります。

あなたはより一層「黄金の法則」(注)に従うことができるようになります。あなたが受けた行為を他者に行う代わりに,あなたが受けたい行為を他者に行う程、あなたは意識的になり、目覚めるでしょう。”        

(注)黄金の法則とはほとんどの宗教の聖典で見られる,最も簡潔な道徳的で倫理的な法則である。 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教, ジャイナ教、ヒンズー教は、それぞれのバージョンの黄金の法則がある。孔子も「あなたがされたくないことを,他者にしてはいけない」と語った。ユダヤ教では「汝は汝の隣人を愛しなさい」と、仏教では「母親が我が子に抱くような慈しみをもって他者と接する」と。キリスト教は「あなたが受けたい行為を他者に行うのです」とそれぞれ表現されている。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中