「愛される必要性」

14-204

 “マインドの中でさ迷い,一つのエゴとして機能している時のあなたは,人生の源から切り離されています。愛の源から切り離されています。 神から切り離されています。  そのために、あなたは絶望的になっているのです。あなたは独りきりになることを恐れています。 そして孤独で分離していることを感じなくてもいいようにと,一緒にいてくれる誰かを欲します。あなたを完成させて,あなたが完全であると感じさせてくれる誰かを,人生で欲するのです。

そして、あなたは誰かと出会って恋に落ちます。しばらくの間、あなたは完全であると感じます。しかし、それは長く続きません。長く続く事はあり得ないのです。あなた自身の外側で完全性を見つけることはできないからです。それは不可能です。 愛の源は,あなた自身の外側では,見つけることはできません。そして遅かれ早かれ,マインドレベルの愛は消えていきます。

あなたは自身の分離の中に,何度も何度も,ある生涯から次の生涯へと戻っていくでしょう。あなたが向きを変えるまで。あなたが内面を見つめるまで。あなたが誰なのかを思い出すまで。

この瞬間に存在する時のあなたは,愛そのものです。自分自身の内側で完璧であり,完全となっています。 幻想のマインドの世界のさらに奥でさ迷っているときだけ、あなたは分離していると感じます。気をつけなさい。注意深くありなさい。「今,この瞬間」の世界に留まりなさい。あなたが「誰であるのか」を思い出しなさい。あなたは「愛の大いなる存在」です。あなたは愛そのものなのです。”    レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中