「魂の脚本」

14-191

 “特に「ネガティブ」「困難」「痛み」としてあなたが分離する,人生の重要なテーマと出来事について熟考すると、あなたが学ぶ為に「ここ」にやってきた課題がなんであるのかが明らかになってくるでしょう。そして魂が過去から癒そうと努めていることを、あなたはつきとめるでしょう。

仮に「拒絶」があなたの人生で重大なテーマであれば、あなたは「受容」について学ぶために「ここ」にやってきたに違いありません。すべての学びは二元性の範囲内で起きる事を魂は知っています。受容について学ぶには 拒絶される経験を魂が体験しなくてはならないことを魂は知っているので、あなたが転生する前にとても注意深く「魂の脚本」を執筆します。

魂の脚本の,主演俳優はあなたです。 あなたの母親と父親は,重要な助演俳優です。あなたの母親となった人は,人生で多くの拒絶を経験してきました。彼女は怒っています。深い関係を築くことを恐れています。 父親になった人は独善的で批判的です。その二人の人物があなたの脚本に最適なキャスティングであることは明らかです。彼らはあなたに充分な拒絶の経験を与えてくれるでしょう。これが受容という課題を学ぶ事ができる,唯一の方法なのです。

こうしてあなたの両親が注意深く選ばれると、あなたは母の子宮に受胎され,肉体の形態をもっと誕生します。 この生涯で「魂の課題」を学ぼうと、あなたは強く意気込んでいます。しかしながら、子宮に受胎されたその瞬間に、「あなたは自分が誰なのか」、「なぜここにいるのか」を忘れてしまいます。魂が完璧な脚本を書いた事も、あなたが何を学ぶ為に「ここ」にやってきたのかも忘れてしまったのです。

あなたが気つ”いたことは ただ、多くの「拒絶を体験」しているという事だけです。そしてその好ましくない「拒絶の体験」を拒絶するようになり、満たされない欲求,痛み,怒りのすべての感情が抑圧されてあなたの内面に蓄積されていきます。そしてあなたが肉体を離れるときに,それらの感情は魂に継承されるのです。あなたは死後、魂のレベルの意識に帰還します。

そして、あなたは学ぶはずだった課題を思い出します。あなたの為に執筆された脚本の詳細を思い出します。あなたは 課題を学び損ねたと悟って,後悔する挿話を全部繰り返す準備を始めるのです。

おそらく,あなたは違う名前と肉体で,ある生涯から次の生涯へと「同じ課題」と「同じストーリー」を繰り返してきたのです。あなたの人生のストーリーを注意深く見つめる事はとても賢明です。魂の脚本を綿密に考察しましょう。 人生の状況はあなたに何を明らかにしているでしょうか。何を学ぶためにあなたは「ここ」にいるのでしょうか。何を癒すためにあなたは「ここ」にいるのでしょうか。遅くはありません。 人生はあなたの先生です。 さあ、あなたの課題をまなびましょう。” レナード・ジェイコブソン

 

 

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中