「二元性の教室」

14-200

“私たちが時間の世界の中で体験するすべては 二元性の範囲内で体験することです。わたしたちが知っている全ては,二元性の状況の範囲内で知る事です。「冷たい」がなければ「熱い」をどのようにして知るのでしょうか。「短い」がなければ「長い」を、「夜」がなければ「昼間」を、「閉じる」がなければ「開く」を、どのようにして知るのでしょうか?

これが真実とすれば、「拒絶」がなければ「受容」を,「悲しみ」がなければ「幸せ」を、「痛み」がなければ「喜び」を、どのようにして知るのでしょうか?

「幻想」がなければ「真実」を、どのようにして知るのでしょうか。「愛の欠如」がなければ、「愛」を、「神の不在」がなければ「神」を,「分離」がなければ「一体性」を、どのようにして知るのでしょうか。

二元性はわたしたちの教室であり,人生はわたしたちの先生なのです。       レナード・J.

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中