「怒りと激怒の表現」

14-171

“怒りと激怒を表現するようにと励ます時はいつも、あなたが責任を伴ったやり方で行っていると私は思っています。他の誰をも,怒りと激怒の感情の表現にまきこんではなりません。あなたの怒りに責任のある人は誰もいません。

あなたは内面に抑圧した怒りの貯蔵庫を持っているので,怒りは湧き起こります。あなたは自分でその責任をとらなければなりません。 実を言うと,怒りを誘発する人は誰であれ,あなたの友人と言えるでしょう、かれらは あなたが抑圧している怒りを幾分か解放する機会を与えてくれたのです。それどころか、彼らに感謝することをあなたは考えるかも知れないでしょう。”     レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中