「怒りの表現」

14-151

“怒りを誰にもぶつけないことが重要です。誰をも怒りの表現に巻き込んではなりません。ほとんどの人は怒りの矛先が自分に向けられれば,感情的に反応します。怒りが怒りの反応を巻き起こして暴力にまで発展してしまうか,,誰かがあなたの怒りの被害者になるかのどちらかです。いずれにしても満足のいく結果ではありません。

一人になって自分の部屋にいき,怒っている人物に対して怒りを表現するほうがよりよいのです。怒りを誇張しましょう。怒りを大げさに表現しましょう。怒りはストリーを持っています。それを表現しましょう。ただしそのストーリーを信じ込んではいけません。怒りの存在する権利と,怒りとして表現する権利を怒りに許しなさい。怒りは受け容れられたと感じる必要が在ります。

意識的に責任を持って表現された怒りは,笑いへと至ります。”                                       レナード・ジェイコブソン  

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中