「中毒」

14-149

“人類は欲求、悲しみ、怒りのような,痛みを伴った苦しい感情を抑圧することに深く関わっています。 それはまるで,痛みには近寄らないという共謀があるかのようです。 すべての痛みの核心は,誰も真にこの瞬間に真に存在していない,分離の世界に住んでいるという痛みです。

皮肉なのは,分離の世界に住んでいるという痛みを抑圧した瞬間に,あなたは分離の世界に入っていくことです。その痛みを感じることを拒絶するとあなたは分離の世界の拘束されたままでいます。”

“中毒は回避の戦略です。あなたの内面に抑圧された,感情の痛みに近寄らないという試みです。あなたがドラッグか,アルコールか,セックスか,食べ物か,テレビか,そのいずれかの中毒になっているのであれば、陰に隠れている動機は欲求、痛み、怒りの未解決の感情からの回避です。中毒からあなた自身を解放させたいのであれば、あなたは未解決の感情を感じなくてなならないでしょう。”    レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中