「マインドと退行」

14-146

“マインドの中にいる時のあなたは 過去のどこかにいます。大抵の場合、あなたはそれほど遠い過去にはいないのでほどよく機能しています。

ところが,いつもそうとは限らず,時折、ふいにあなたはある期間、ストレスや心配、不安に見舞われます。感情の混乱、痛み、怒りを感じます。 拒絶や批判を感じます。欠乏や恐れを感じます。

それぞれの状況で起こっているのは,恐らくあなたは幼少期の体験に退行していて,その過去の体験を「今この瞬間」に投影させているのです。

ただ過去の体験にもどっているだけだと気ずけば問題はありません。現在体験していることはじっさいには根拠がないことだとあなたはわかるでしょう。実はあなたは夢をみているのです。 そして,夢をみていると気ずいた瞬間、あなたは夢から覚める事ができます。 ひとたびあなたが夢の性質をつきとめると,目覚めるのは簡単になります”        レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中