覚えている(=remember)

14-129

“「覚えている=remember」とは,ある過去の出来事に引き戻すマインドの機能だと私たちは思いますが,これは言葉の意味を誤って理解していることになります。 わたしの伝えようとしている意味を理解するためには、「ばらばらにする(=dis-member  dis=分離する、member=身体の一部)という言葉について考えてみましょう。バラバラにするとは,全体からある部分を切り取って、いくつかの断片にするということです。「覚えている(=re-member   re=戻す、member=身体の一部)とは、そのプロセスの巻き戻しで、断片を全体へと戻す事なのです。

あなたがこの瞬間に見ることができるものは何でも,聞く事ができるものは何でも,感じとることができるものは何でも,一つの断片です。あなたはもう片方の断片です。 既に「今、ここ」にあるものと共に,この瞬間に存在することをあなたが覚えている事で,断片が合わさって全体性が復活するのです。”    レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中