「個性」

14-113

写真は昨日書きましたヴァーレンセーの一部が下部に写っています。レナードの文章も 昨日に続いています。昨日は「普遍性」,今日は「個性」の説明で、わたしたちは目覚めたままで、個性をもってこの世界を生きられるということです。

“しかしながら,その普遍性を源として、あなたのユニークな個人性を写し出すという個性の側面があります。これをとても単純な意味で、あなたのパーソナリティと呼びましょう。

あなたの永遠なる普遍性の側面は海に喩えることができます。 あなたの個性の側面は、波に喩えることができます。 波は海の一つの表現で、それぞれの波は特有の形を帯びた個です。個性のレベルでは、あなたは依然として、沈黙と実在に根をおろしたままでありながらも、時間はあなたに開かれています。あなたは時間の世界に加わる事ができるのですが、そこでは道に迷いません。 体験はやってきては去っていきますが、あなたは恐れ,批判、欲望、執着を持たずに根本的にこの瞬間に留まっています。

「今,この瞬間」だけが人生の真実であること、そして、それぞれの瞬間は常にそれ自体を蘇生していることをあなたはわかっています。それぞれの瞬間は完全に体験されてから放たれます。体験は積み重なる事が無い為に,過去はあなたの内面で蓄積されず、それで「今,この瞬間」があなたに開かれたままなのです。

依然としてあなた、あなたには記憶があります。未来の計画を立てることができるのですが、あなたは時間の世界で迷う事はありません。あなたは根本的にこの瞬間に留まっています。

この個性のレベルで、あなたは沈黙、内なる平和、愛、受容、思いやり,明晰さ、強靭さという,永遠なるすべての性質を表現しています。あなたはユニークな個でありながら一体性の一つの表現なのです。”    レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中