「人類存在のジレンマ」

14-108

”人類のほとんどが無意識な状態で生きています。日常生活を過ごしているとき、歩いて話をしている間、わたしたちの目は開いて,一見、目覚めているように見えるのですが,本当のところ、わたしたちは眠っているのです。

わたしたちはマインドの世界の内側でさ迷っています。マインドの世界とは、記憶する過去の世界と想像する未来の世界。思考と思い出と想像の世界。意見、観念、概念、信念の世界。マインドの世界が「今、この瞬間」から外れた所で,「人生という観念」を私たちに与えます。「私という観念」を私たちに与えます。これが大いなる幻想なのです。”                   レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中