「怒りと痛み」

S13-255gif

“あなたが内面に煮え立つような怒りを抱えているのであれば,その怒りの完全な表現を認めましょう。 誰かに向かって怒りを表現するべきだと、わたしは言っているのではありません。誰をも傷つけない安全な場所で,怒りがそれ自体を表現することを認めるのです。痛みも同様です。 痛みに個人的に巻き込まれずに,痛みを感じましょう。あなたの内側で痛みがそれ自体を体験することを認めるということです。 あなたの内側で怒りと痛みの完全な表現を認めるのです。”      

“怒りは常に痛みの反応として生じます。自分自身に痛みを感じることを認めると,怒る必要はなくなります。”

“自分自身が痛みを実際に体験することをあなたが認めると,起こる可能性のある最悪の事態は泣くことです。涙を流れさせましょう。涙を喜んで迎え容れましょう。涙が笑いに変わるのに,そう時間はかからないでしょう。そして,痛みはその内に秘めていた喜びを明らかにするでしょう。”          レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中