チューリッヒ、夏

S13-203

写真はチューリッヒ湖から流れ出るリマット河の左岸。オフィスとして使われている古い建物の前に在るのは(赤いパラセル)女性用の水浴場です。日光浴が大好きなスイス人ですので、肌を焼く目的もあって人気があります。プールも在りますが,勿論河でも泳ぎます。今日のレナードの言葉は,「感情を抑圧する」です。少々長くなりますがよろしくね。

“あなたの重荷を降ろして、あなたを永遠に自由にする秘訣があります。 逃れようとしている感情は、あなたに属していません。 感情はあなたの一部ではありません。感情があなたの一部になろうとしたことも、これまで一度もありません。感情はあなたの内面から生じて、あなたを素早く通り抜けるようになっているエネルギーなのです。感情にはメッセージが込められています。

怒りのメッセージは、あなたが望む事を得ていないか,または,望まない事を得ているかです。そして,その怒りのメッセージにあなたは,応答しなくてはならないのです。あなたが望む事を求めるか,望まない事を伝えましょう。あなた自身のことを、愛を込めて明瞭に表現しましょう。

痛みと悲しみも,怒りと同じメッセージが込められています。 痛みと悲しみのメッセージに、あなたは応答しなくてはならないのです。明瞭で責任を伴った方法で応答すると,感情はあなたを通り抜けていきます。感情は溶けていきます。 感情はあなたの一部となりません。

要求と恐れも同じです。要求と恐れにも、あなたが応答するべきメッセージが込められています。要求は,あなたがある瞬間に何を求めているのかをただ伝えています。恐れはあなたに伝えています。あなたの生存を脅かすことを察知したので反応する必要があると。ところが,適切で健康的に恐れに応答する方法を,幼少期のわたしたちは知りませんでした。たとえ私たちがその方法を知っていたとしても,両親はわたしたちの声に気つ”く程十分にこの瞬間に存在していませんでした。

そのために、わたしたちは感情を抑圧することを身に付けたのです。感情を抑圧すると、あなたの中を通り抜ける感情の旅は中断させられ、あなたはそれらの感情をあなたの一部とするのです。こうして、あなたの内面に感情が蓄積されていくと、やがてあなたは怒っている人になります。または,傷ついている人,悲しい人、あるいは被害者になるか,他者に被害を及ぼす人になります。

それらの感情があなたの一部になろうとした事は,これまで一度もありません。 感情が沸き起こったら,ただ感情を感じましょう。あなたの内側で感情が体験されることを認めましょう。責任を伴った方法で感情を表現しましょう。感情が伝えているメッセージに応答するのです。すると,感情はあなたを通り抜けていきます。 感情はあなたの中に入り込まないでしょう。感情はあなたのアイデンティティーの一部とはならないでしょう。”

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中