アレッチュ氷河

S13-149

現在ヨーロッパで一番大きな氷河と言われているアレッチュ氷河を見る事が夫の長年の希望でした。そしてついにこの夏,その壮大な氷河を見る機会がありました。左手が2926mのエッギスホーン(Eggishorn)で、その後方にそびえるのがユングフラウ(4158m)、この写真はユングフラウをベルンの方角からは後ろ側をみていることになります。その右には アイガーとメンヒも肩を並べています。

スイスの南の地方, ウ”アリスのゴムス谷のフィーシュからロープウエイで上がった所(2869m)に突然目の前に開ける眺めが写真です。氷河の長さは23km。最高の天候に恵まれ存分にこの景観を楽しみました。SUMI

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中