「ここに存在する」

S13-164

“この物質界の領域には生まれ変わりたくなかったと,多くの人達は思っています。  彼らは魂のままで留まるか,スピリットに昇天(アセンデット)することを望んでいたのです。 一番さけたかったことが、形態の世界へと降りてくることでした。 なぜここにいたくないのかと彼らに尋ねると、ここにはたくさんの苦しみがありますと、彼らは答えます。 ここにいることに抵抗して、かれらは生涯を過ごします。 彼らは人生に完全に参加しません。 なぜなら、深い無意識的なレベルで,彼らはここにいたくないからです。 時折,ひどく孤独で孤立しているように感じています。 ここにいる事から逃避する手段として,彼らはよく悟りを追求します。 悟りを得ればもうこの地上に戻ってくる必要はないと、かれらは信じています。 目覚めるために彼らがこの地上にやって来たレッスンを学ぶことは,彼らにとっては 非常に困難となるでしょう。

それは受容に関するレッスンです。  それは判断を下すことに関するレッスンです。 しかしながら,そのレッスンのほとんどは、ここに存在することです。 この地上にいたくないという想いをいだいて彼らが生きている限り,彼らが目覚めることはないでしょう。 なぜなら,目覚めるとは,ここに在るものと共に完全に存在することだからです。彼らがどこにいようが、どの次元にいようが、それは重要ではありません。 遅かれ早かれ,彼らはここに存在することを学ばなくてはならないでしょう。”         レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中