エゴの戦略

S13-122

“エゴは幼少期にマインドの中で発達を開始しました。 幼少期の痛みと孤独はあなたには非常に堪え難かったので,あなたがその問題に対処するのを助けるためにエゴは出現したのです。エゴはあなたが傷つかないための戦略を発展させていきました。エゴは非常に狡猾です。 あなたがエゴの戦略を知るようになると、エゴが最善の策を選択して、あなたの幼少期の状況を作り出していたことに気つ”くでしょう。

しかしながら、あなたが成人すると,同じエゴの戦力がもう適切でなくなってきます。 エゴの戦略があなたを制限させて、あなたが機能できないようにさせるのです。 しかも,エゴの戦略があなたの無意識に留まる限り,その戦略はあなたを支配し続けるでしょう。

エゴの戦略が表現された例をここにあげてみます。 「私は望む事を求めない」,「私の感情は表に出さない」,「あの人のご機嫌をとって取り入ろう」,「あの人に反発するぞ」,「私が一番だと認められなくてはならない」, 「引きこもれば,誰も私を傷つけはしないだろう」、 「怒りと恨みで自分を満たせば,恐れや痛みを感じる事はないに違いない」。この他にも様々なエゴの戦略がありますが、それらのほとんどはあなたが痛みと拒絶を避けるためか,他者に受け容れられるために、エゴによって 綿密に計画されたものです。

ところが、このようにして数年が経つと,エゴはマインドの世界における絶対的な支配者としての地位を確立するようになってきました。エゴはコントロールして,エゴはパワーと権力という感覚を楽しみます。 こうして,エゴの役割はあなたを守る事から,エゴ自身とあなたのマインドの世界における、独裁者の地位を守る事へと,徐々にシフトしていったのでした。

あなたはマインドの世界という檻に拘束されていて,エゴはその監視人です。 より多くこの瞬間に存在するようになると、あなたはマインドの世界から離れて,目覚め始めます。 そうなると,エゴの権力の地位が脅かされる為に,エゴは巧妙で効果的な一連の戦略を練って、あなたがこの瞬間に存在し過ぎないようにさせるのです。 エゴはあなたをマインドの世界に連れ戻す策略や誘惑に非常に熟練しています。 恐れ,批判、欲望、将来における達成という期待を,エゴは適度に混ぜ合わせて、エゴの支配下である過去と未来の世界に、あなたを連れ戻そうとするのです。 エゴはあなたに目覚めてほしくありません。 なぜならあなたが目覚めると,エゴは王座を明け渡さなくてはならなくなるからです。”       レナードジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中