静止

S13-53

“もっと知識が必要でしょうか? もっとたくさんの情報を収集すれば、世界を救えるでしょうか? あるいは、もっと高速のコンピュータがあれば、もっと科学的解析,あるいは知的分析をすれば、世界を救えるでしょうか? それよりも、今人類がもっとも必要としているのは、叡智ではないでしょうか?”

“では,叡智とは、いったいどんなもので、どこを探せばみつかるでしょう? 叡智は静止することによって,身につけることができます。何はともあれ,見つめて下さい。 耳を澄ませて下さい。それ以上なにもいりません。静止していること、見つめていること、耳を澄ますことによって、あなたの中に眠る,観念でない叡智を呼び覚ますのです。 静止の次元に、言葉と行動を導いてもらうのです。”

以上は エックハルト・トーレの「世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え」の中の第一章、 “なぜ「心の静寂」が必要か” を書き出してきました。     なお訳はあさりみちこさんです。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中