プレゼンス 5

S13-27

 

“プレゼンス(実在)の種は,今ここで成長します。 それ以外のところでは育つことができません。 種が土壌でしか育たないように,プレゼンスの種は,今ここだけで成長します。 今ここは、プレゼンス(実在)の種のための土壌なのです。”

“目覚めるにつれて、あなたは プレゼンス(実在)の花を経験するようになります。 ところが,プレゼンス(実在)の花の全開はあまりにも広大なので、あなたは長い間抱きしめていることができません。 そのために、花を手放して,種を抱きしめなくてはならないです。 そのうち、その種は芽を出して花を咲かせ、やがて、花は全開するでしょう。ほんの僅かな人だけしか知らない事を打ち明けましょう。ひとたび,プレゼンス(実在)の花が全開すると、あなたは完全にその花を生きて,表現して,体験します。 そして,その後、花は取り上げられるでしょう。途轍もない喪失感が沸き起こってきます。 不確かで,混乱の時期があります。 すると突然,新しい花がもたらされます。 最初の花よりも,遥かに無限で大輪の花がもたらされるのです。” 

レナード・ジェイコブソンの「沈黙からの言葉」からプレゼンスに関する彼の言葉をご紹介しています。明日に続きます。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中