ツーリッヒ湖の鳥たち

SZ-19

レナード・ジェイコブソンの「沈黙からの言葉」の中から「必要性の愛』を紹介します。

“ お互いに依存し合うようにと、わたしたちは強く条件つ”けされています。歌、小説、詩、映画、そのほとんどは、必要性に基つ”いた愛を称えています。 お互いを見いだして,恋におちるということに尽きるのです。 このお互いを求めて必要とすることが常にわたしたちを促して条件つ”けしてきました。 これはお互いを我が者にしようとする無難な振る舞いとして、映画では 絶えず演じられています。 映画の最後には、カップルの愛が勝利を収め,彼らは幸せそうに夕陽に向かって歩いていきます。 

ところが、彼らがうんざりして,退屈で惨めで、お互いに依存して恨んでいるという続編を映画ではみせません。  満たされるには,お互いを見いだすというよりはむしろ、自分自身を見いだすことが秘訣だと、あなたに言う人は誰もいません。そして,お互いの中で自分自身を見いだすことはできないのです。”

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中