マインドと退行

SZ-03

“マインドのレベルでは、過去の数々の思い出の集積としてあなたは存在しています。 マインドはあなたと今この瞬間の現実との境界という動きをする、カーテンのようなものです。 マインドの中にいるときのあなたは過去のどこかにいます。 あなたは今この瞬間の現実にはいません。 大抵のばあい、あなたはそれほど深く過去に入り込んでいないので、程よくマインドのレベルで機能しています。 ところが、いつも必ずしもそうだとは限りません。 時折,ストレス、心配、不安の周期を体験している。 時折、動揺し,傷つき,怒りを感じる。時折,拒絶され,批判されていると感じる。 時折,愛を強く欲するか,恐れを感じる。

それぞれの状況で起こっているのは、あなたは今この瞬間から遠く離れているということです。 あなたは現実から遠く離れているのです。 あなたは退行していて、そしてこれは大抵の場合,無意識のレベルで起こっているのです。 おそらく、幼少期の過去の体験にあなたは退行していて,その過去の体験を今この瞬間に投影しているのです。

実際に、あなたは夢を見ていて,その夢が現実だと思い込んでいる為に,困難な状況におかれているのです。 今この瞬間にあなたが投影している過去の体験に、ただ単に退行しているだけだと気つ”くだけで,体験していることは現実にはまったく根拠がないと、あなたは理解するでしょう。 あなたは夢から覚めるでしょう。 ひとたび,夢の性質を突き止める事が出来れば,目覚めるのは簡単なのです。”   レナード・ジェイコブソン

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中