シュトルヘンホテル

S13-02

右側のピンク色の建物は日本語に訳すと「こうのとり」というホテルです。水上バスの船着き場もホテルの前です。朝日が一杯の所に位置してますので、朝早くから川沿いのカフェで 朝食のコーヒーとクロワッサンを楽しむ人達がたくさんいます。一階(日本ではニ階になります)はレストランで 夏の間はテラスで川の眺めを楽しみながら食事ができることで人気があります。

今日のレナードの言葉です。

“一体性と実在を通してのみ、わたしたちは自然界とお互いに敬意をもって、真にきつ”かうことができるのです。”

“わたしたち一人ひとりが自分自身の責任を取る事を身につけるようになると、人類は地球に対する責任を果たすようになるでしょう。 人類の責任の放棄によって、地球は破壊されてきました。 私たちはこの地球を所有していると思い込んでいるのです。 そして、この所有するという性質が,好き勝手に振る舞う権利を人類に与えてきたのです。 しかし,人類はこの美しい地球を所有してはいません。 わたしたちは単にこの地球に一時的に住む者に過ぎないのです。”

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中