恨み

W12-097

“多くの人たちは恨みを抱いたまま生きています。 望むことを得られなかった恨み、望まないことを得て我慢した恨み、十分に表現されることのなかった恨み、完全に外にでることのなかった恨みは、鬱や病を引き起こし、ついには肉体に深刻な影響を及ぼすことも起こり得ます。 恨みを,怒り、憤慨、激怒として表現するならば、あなたは完全に生き生きとして輝くでしょう。 恨みは抑圧された怒りです。 ですから、責任を伴ったやり方で誰にもぶつけずに怒りを表現しましょう。 すると、あなたは眠りから覚め始めるでしょう。 恨みはあなたを眠らせ,怒りはあなたを起こします。”

“恨み,非難、後ろめたさという感情は、人生か自分自身に対する責任を果たしてないことを暗示しています。”

レナード・ジェイコブソンの「沈黙からの言葉」から 彼の言葉を紹介しています。上の写真は Zimmerberg からリギ山の方向を撮りました。リギ山の頂上には 登山電車で簡単に登ることができます。そこからの眺めはまさに息をのむ程素晴らしいものです。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中