感情的な痛みに対処する 2.

W12-043

“痛みへの穏やかなアプローチとは、その痛みがなんであれ,ただ自分自身に痛みを感じさせることです。 あなたは痛みについて何もする必要はありません。  痛みを取り除こうとする必要も、痛みを包み込む必要も、痛みを理解する必要も、痛みの起源を分析する必要もないのです。 ただ痛みを感じましょう。 そして、その痛みが表現することを認めましょう。

怒りであれば、大声で叫び,クッションを叩くのです。 怒りを瞑想として表現しましょう。  責任を伴ったやり方で、怒りに完全なそのありのままの表現を認めるのです。 しかし,痛みや怒りのストーリーに巻き込まれてはなりません。 ストーリーは過去からやってきたもので、今この瞬間とは全く関係ありません。

悲しみであれば,泣くのです。 ティッシュがあるかどうかも気にせずに、ただ涙がながれるままにさせましょう。 痛みか傷であれば、不満を言わず、抗議をせず、非難も分析もせずに、ただ感じるのです。 怒りと痛みと傷の下に隠されていて、あなたが想像すらできなかった内なる愛と喜びのレベルに達するでしょう。” レナード・ジェイコブソン

 

“苦しみはあなたが夢から目覚めるようにと入念に計画されています。”

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中