節度

「柔和な者は幸いである,その人は地をうけつぐから」

“柔和なというアラム語にはいくつかの意味がありました。謙虚な,貧しい,従属的な,控えめなという意味もあります。しかし、私が意味したのはそのどれでもありません。私が意図した意味に英語で一番近い言葉は「節度」でしょう。従って次のように翻訳されるべきでしょう。「節度を持って生きる者は幸いである,その人は地を受け継ぐから」。節度は神の理法であり,祝福の理法です。節度を持って生きるとき、あなたはバランスのとれた生活をするのではないでしょうか?バランスのとれた生活をするとき、あなたは完全ではないでしょうか?

節度は相対的な概念であり,その力を均衡とバランスから引き出しています。ある人にとっての節度のレベルは他の人にとっては過剰であるかもしれず,別な人にとっては不十分であるかもしれません。節度の内部には ダイナミックな変化という側面もあります。節度は均衡ですが、内的な生命ないしは 内的な変化をもたない静的で不活発なバランスではありません。『幸福』は節度の本当の感情です。

すべての事において節度を探求するとよいでしょう。物質的な蓄積、あるいは、身体的な快楽において節度を探求するだけでなく,食する食べ物や精神的な探求, 習慣や仕事においても節度を実践する事を進めます。他の人たちが飢えているときに自分のために富をひそかにたくわえるのはもはや正常なことではなくなるでしょう。あなたが分かち合うものはすべて倍増されて,あなた自身がうけとる土台になるということが分かるにつれて,分かち合いは喜びとなるでしょう。”  JESUS

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中