不思議な宇宙

イエスは白い画用紙に底辺が下にある正三角形を描くように言われ,宇宙の構成要素は基本的に3つであると説明しました。一番目の要素が愛、二番目がスピリット、三番目がこれまで科学で確認されたいかなるものよりも微細な物質で究極の素粒子、宇宙の最小限の構成物質です。(イエスは この物質をアダマンタイン粒子とよんでいました。最近発見されたヒッグス粒子がこれです。)

“愛の源は万能の創造主です。純粋な愛の源が全ての愛の究極的な源です。その愛からあなたは放射され,創造されています。光の光線と同様,あなたは愛の存在です。愛は神の名前であり、あなたの名前でもあります。その意味であなたは神に似せて創造されたと言えるのです。愛が最大限にあれば,人生の全ては順調に進行します。

スピリットは全ての中にあり,全てのものの周囲にあり、すべてのものと共にあり、すべてのものに属しています。スピリットの中において私たちは一つです。

アダマンタイン粒子は文字通り神の体です。なぜなら アダマンタイン粒子は神聖な意思を顕現して形にするのですから。”

そして,3角形の図表にもどってイエスは言いました。“愛が頂点にあります。それからスピリットが愛に共鳴し,愛がアダマンタイン粒子に命令を下します。全ての創造はこのようにしておきます。”

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中