ユダ  

この章の中で,イエスは枠組みという言葉を使って,ユダのことを語っています。

“実際のところ、ユダの物語にはまだ語られたことのない話がたくさんあります。ユダが裏切りをはたらいて自殺した後、彼は全ての人に憎まれましたが、私は最初からユダを理解していました。実際の話ですが、私は彼と一緒に成長したのです。 子供の時、彼は私の親友で、教育熱心な家庭に生まれたユダは、富と教育がもたらすあらゆる恩恵にめぐまれていました。彼の家族は当時入手不可能だった枠組みの特権や,御恵の全てを彼に与えました。

ユダは最初から私が救世主であることを知っていました。 彼は 全身全霊でそれを信じて,私が神の力でローマを跪かせ、ローマ軍をイスラエルから撤退させ、ユダヤ人の為に再び祖国を取り戻す事を期待していたのです。ユダは私の高遠な役割、目的、私という存在を全く理解できませんでした。 彼の理解は歴史的な予言と政治的な条件つ”けに完全に支配されていました。

あの運命の夜、ユダは私をローマと対決させようとしました。 私の持っている力でローマ兵を屈服させ、奇跡のおきることを信じていました。しかし、彼はそこで起こった事に驚愕しました。 その奇跡とは私がただ降伏したことです。

支配欲に取り付かれているマインドは降伏は敗北だとみなします。 それに対して,ハートはその不滅性を理解しています。 従って勇気を持って降伏することができます。降伏する事によって自らのマスターになるというハートの逆説、それこそが私が地球にやってきた理由です。”

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中