はじまり・・・

イエスは グレンダを訪問したとき、彼の幼少期の話から初め、若者の時のこと、また マグダラのマリアのことなどを初めて語りました。他の本でイエスはマリアと結婚して女の子を一人もうけたことなど書かれていましたが、イエスはこのことを否定しています。

マリアは素晴らしい女性で、イエスの使徒の一人でした。たぐいまれなる資質を持っていた彼女はイエスにとっても大切な存在でありました。 また現在の自由世界の女性たちはマグダラのマリアに負うところがおおいにあり、彼女はスピリチュアルな自由のたいまつを掲げて人生を生き,その後の多くの時代を通して明るく輝いたとイエスは語ります。

そしてこの本に著されたイエスからのメッセージはハートを通して受け止めて欲しいと書いています。これは論文ではなくて会話であること。 イエスは友人(グレンダ)に向けて話りかけていたのであり、そこで語られたことは彼らにとって意味のあるものだったこと。

このブログで紹介できるイエスの言葉は、実際にお話された全体の何百分の一ぐらいですが、でもそのエッセンスだけでもお伝えできたらと望みをもって、私の心に響いた箇所から抜粋した形で書き出してみますので、興味があったら是非読んでみて下さい。

沢山の本を読んできましたが、これ!という本に出会ったとき、もうこれだけで充分と本当にそう思える本があるのですね。 何度も何度も繰り返して読んでみたい。これは私にとって、そんな本です。題名は “終わりなき愛”。(Love without end)

写真は これから暫く我が家の庭で撮った花々をご紹介します。今は紫陽花が満開です。日本では紫陽花は薄紫色で雨によく似合いますが、こちらでは、恐らく土壌のせいで、鮮やかなピンク系でとてもあでやかです。南の方にいきます日本と同じ色合いになります。SUMI

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中