ブルーニッグ峠から

『湖の間の街』という名の街、インターラーケンも沢山の観光客でいっぱいでした。特に中国、インドの観光客が目立ちます。

インターラーケンの街からブリエンツ湖の左側にあるブリエンツの山間にバレンベルグという野外博物館があります。そこではスイスの典型的な民家を一同にあつめていて、それは広大な自然の丘陵地に、約50軒以上の建物が点在していて、全部丁寧に回ると一日かかるかもしれません。

とにかく私たちは駆け足で、一時間程で興味のあるところだけを回ろうということにして、 実際本当に数軒をのぞいただけでした。またそのうちに戻ってこようということにして、ルッツエルンに向かう為にブルーニッグパスを超えました。そのてっぺん近くでサーネル湖を見下ろしたのが今日の写真です。 スイス全土の中央点(真ん中)もこのすぐ近くにあります。

この日はかなりの強行軍でがんばりましたが、後はルツェルンで市内を散策して、夕食をいただくだけ。 SUMI

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中