愛しのテラへ

岡田多母(たも)さんのことを知ったのは最近のことで、彼女の著作の “愛しのテラへ”(地球と私たちが光輝く日のために)を読んで、こんな女性が存在するのだと驚き、今皆さんに彼女の事をお伝えできるのが、とてもうれしいです。

多母さんは 薬学を学んだ後、天然磁性水を販売するアースエネルギー研究所を設立。秩父にアーリーハウスを建造。現在セルフケアのサポーティングや,独自のセミナーを行っており、著作は“愛しのテラへ”の他に“スメラナル” “へその話”等です。

彼女が小学生のとき,勢いよく揺れているブランコから落ちて行く時、頭の中にあった記憶が繋がり,過去生を思い出しました。そして、遠い昔、アイルとして生きていた時、溢れる生命力で活力に満ち美しく輝いていたテラ・地球が、現在傷つき元気をなくして老いているのに気付いて、テラと共に生きたいと強く思ったときから、彼女の語り部としての人生が始まりました。

この本はどこか幻想的で美しく,愛に溢れて 詩情豊かな優しい文章で書かれているのに、彼女が伝える内容はとても論理的、知的であって,深く、是非一人でも多くの方に読んで頂きたいと思うのですが,残念な事に,書店では入手不可能になっているようで、それでしたら,本を全部写しても内容を知って欲しいのですが,そうもいかず,でしたらこれから暫くの間、ほんの一部でも書き出して紹介したいと思いました。SUMI

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中