大聖堂

こちらは春の始まりを感じるこの頃ですが、標高がここより500メートル近く高い所にある Einshiedeln (アインシーデルン)はまだ雪景色でした。でも 日差しはすっかり春のもので、明るくきらきらとまぶしい程です。写真は 大聖堂を修道院側から撮りました。ここの大聖堂は、スイスでは珍しい数少ないバロック建築で有名で、中は目をみはるばかりの黄金色と明るい色彩の天井画に圧倒されます。そこは昔の人達が信じた天国そのものが描かれています。

大聖堂に入ってすぐのところに ブラックマリア像(黒いマリア像)が置かれていて、いつ行ってもマリア像の前には静かに祈りを捧げる信者達がいます。またその背後には かつて、たくさんの奇跡を起こして助けた人々が 感謝の気持ちで捧げた手書きの絵がたくさん飾られています。

この大聖堂は St. Jakob’s weg  の途上にあって、巡礼者が必ず立ち寄るところですので、Einshideln の町には ホテル、レストランが数多くあり、夏は、巡礼者と観光客でにぎあっています。私も日本からの客人を必ず案内いたします。SUMI

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中