はるあきら

七浜凪さんの “はるあきら” ー安倍清明との対話ー を読み終わりました。七浜さんの “シントラ声明” シントラのお叱りは心に響いたと同時に 七浜凪という方にとても興味を持ちましたので検索して 彼女が2005年に出版した、“はるあきら”に出会いました。

何をもって良い本というのか、私にはうまく説明できませんが、それぞれの人との相性があって、興味、相性がうまくあったのがその人にとっての良い本であるならば、 ”はるあきら”は 私にとってとても良い本で、たくさんの方々に紹介したいと思いました。

いろんな本があります。 学校の授業のようにカリキュラムがあって、 一章ごとに体験しながらクレアして行く本、私の性格ではどうもあわなくて途中どころか、最初から挑戦する気をなくしてしまいます。ひょっとすれば、短距離で効果があるとしてもです。それに、”ハートに入ろう” とか、“自分を変えよう“とか、 抽象的な表現がとても多くて(私もつい、使ってしまうのですが・・・)混乱してしまいがちですが、”はるあきら”は七浜さんに 日々の生活のなかで、 彼女をとおして懇切丁寧にわかりやすくいろんなことを教えて下さいます。 そして 彼女の問題はまた 私の問題でもあって、たくさんのことが共通しています。 正直、私も “はるあきら”のような 素晴らしい教師に出会いたいです。

七浜さんが学んだ彼女がこの世に生まれてきたテーマは『魂の探求。そして己の魂を探していくその過程を体験すること。』

私も人の役に立ちたいとか、何かを成し遂げたいとか、つい 焦点を先に当てて自分の人生をみているけど、実際は今この瞬間、悩んだり、悲しんだり、苦しんだりしていることが人生の目的だったのだと、改めて教えていただきました。SUMI

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中