渡邊満喜子さん

かなり前のことです。ヴォイスヒーラーの渡邊満喜子さんの “ヴォイスヒーリング、魂を癒す歌”を読んでとても心に響いたものですから、たまたま日本に行く機会があった時、どうにかしてお会いしたいと連絡をとりました。 快く御請けくださり、私は大磯の駅に初めて降り立ちました。渡邊さんのお住まいは 明治、大正の頃,鍋島藩の別邸だった所に建てられた素敵なマンションでした。 私の母方が鍋島藩の出という事もあって、こんな所にもご縁があるのだと不思議な気がしました。彼女はとてもお美しいかたで、 おいしいケーキを用意してくださっていました。

声を思い切り出して、本能のなすがままに歌う(この音痴の私が人前で歌うのです!)のは初めは少々恥ずかしかったのですが、最後は却って快感でした。私が歌うことによって彼女に見えてきた私の過去生のこともお話くださいました。その後もいろんなお話をしました。 彼女のご意見では 光の世界への移動は とても穏やかに起こるような気がする。気がついたら、もう光の世界にはいっていたという形になるのでは、ということで、私も彼女と話していると、そうだろうなと素直にそう思いました。とても楽しい時間をご一緒できました。

いつの日か 彼女が日本のグループの方々をつれてスイスにいらして、スイスのアルプスの自然の中で歌いましょうとお別れする時に約束しました。それから何年もたって、彼女を懐かしく思い彼女に連絡をとろうとして、すでに数年前に亡くなられていた事を知り、とてもショックを受けました。亡くなるということは こちらからあちらへの移行にすぎないのですから、彼女は向こうの光の世界できっとお忙しく活動をされている事と思うのですが、でも彼女にここでもうお会いできないのは残念です。

他に著書は “癒しのスローヴォイス”が あります。その中で彼女が伝えている事は、 「声を“魂の響き”と捉え、その声にすべてをゆだねて歌う時、私達はその歌声に、通奏低音のように流れているメッセージを聴いています。それは “あなたは美しい” という響きです。」

写真はマジョーレ湖をロンコからアスコナの方向に眺めたものです。SUMI

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中