太陽

子供の頃から太陽大好きな私が、太陽を好きな夫と一緒になったせいかどうか、休暇とか旅行、あるいは大事な用事のある日に雨に降られた事はほとんどありません。若い時は月の満ち欠けに非常に敏感で、 満月あたり、夫は私のヒステリーをとても怖れていたと思います。満月の前夜は夜中うつらうつらしている感じでした。 夫と娘は、満月の前日はひどい頭痛に悩まされていました。

でも最近は 太陽の変動の方に敏感になりました。 めまいで倒れた後、中耳がおかしくなっているのか、時々耳の所で、蝶々が羽ばたきをするような感覚がよく起きます。それが太陽の黒点数と関係あって、黒点数の大きさによっても羽ばたきに大小があることもわかってきました。それで、太陽の黒点数とフレアーの発生をチェックするのが日課になっています。3月11日あたりも黒点数が非常に高い日が続いて、巨大なフレアーが発生していました。 地球の災害は太陽が関係していることが事実となっています。

最近読んだ本が、名大の名誉教授で、太陽研究の権威である上出洋介博士の“太陽と地球の不思議な関係、絶対君主と無力なしもべ” で科学苦手な私でも理解できる(全部ではないけど、)内容でいろいろと勉強になりました。

私達を生かして下さっている太陽が地球にとって、人間にとって実は非常に厳しい存在であり、100%、太陽にコントロールされていて、太陽のくしゃみ一つで私達の日常生活は破壊されてしまう事等、懇切丁寧に説明されています。 今私たちが経験しているこの世界的に異常な変動期が、実は太陽が大いに関係しているのだということもわかってきます。

ところで、博士は太陽の厳しさを書いていらっしゃいますが、実は私と同様、とても太陽がお好きなんだということも 読んでいて感じました。写真は サンモリッツから イタリアに向かう方角のマロヤパスに沈む夕日です。SUMI

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中