一冊の本が・・・

フラワー・オブ・ライフの本から、さらに私の探検の道はいろんな方向につながっていきました。とにかく エジプトに行かない訳にはいかないと・・・・。長い間、人に勧められてはいたのですが、なかなか腰が立たなかったエジプトへ。 旅行は普通の観光旅行の域を出なかったと思いますが、それでも 今までの生涯で一番強い印象を受けたいい旅行となりました。 美術館で出会ったイクナートンの像にとても引かれるものを感じました。

そして ドランヴァロはインドにも導いてくださいました。 実際にインドに行ったわけではありませんが、数々の本を通して、インドのキラ星のように輝く素晴らしいグル(師)達を知ることができました。スワミ・ユリテスカワ(聖なる科学)、ヨガナンダ(ヨギの自叙伝 等)、ババジ(ババジ伝 等)、ラマナ・マハルシ(あるがままに)達の素晴らしい本を通して。 こんなすごい巨人達が存在するのだと驚きました。   そして、このあと、ヨーガにも興味を持ち、新しい出会いも経験することになりました。

たった一冊の本が 次から次へとつながり、全く無知であった家庭の一主婦の私を世界につなげ、無限の可能性に満ちた宇宙につなげてくださる、このことにただただ、感謝をするばかりです。SUMI

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中