私と天使・・・・

天使に関しては、前々から ルドルフ・シュタイナーの“天使達、妖精達”ドリーン・バーチュの“エンジェルメッセージ”、”エンジェルセラピー”などの他、たくさんの本を通して親しんできましたが、ある時手にした、ロナ・ハーマンの “光の翼ー私はアーキエンジェルマイケルですー”によって、まさに目が覚めたというか、とても魂が揺さぶられ(そんな表現しかできないのですが・・)ました。英語ではマイケル、ドイツ語ではミヒャエル、日本語でミカエルになるでしょうか?)

ロナは大天使ミカエルのメッセージのチャネラーとして、国際的に知られている人です。私は昔から何となくミカエルに心引かれる所がありました。息子にも ミヒャエルと名前を知らず知らずのうちにつけてました。ちなみにミカエルは日本の文化圏で、日本神話の中では須佐之男命と知られているようです。仏教で、天使たちは観音様として置き換えられると言われていますが・・・・この本を訳されている大内博さん、数々の素晴らしい本を訳されています。彼自身も奥様とご一緒にセミナーなどをされていて、彼は”赦し”をテーマにしています。

さて、ロナさんは 続けて、“黄金の約束”の上下、“聖なる探求”の上下を著しています。それで、私はといえば、ロナさんを追っかけて、というより、大天使ミカエルを追っかけて、オランダのロッテルダムで彼女のセミナーが開かれるという情報がはいりましたので、チューリップ畑もついでにみてこようということで、また夫と出かけていきました。そして勿論 オランダでも 不思議な体験いっぱいでした。ロナさんは大柄のアメリカの女性で、 優しい、おふくろのような方で、楽しい時間を過ごしました。おまけのチューリップのまたきれいだったこと!SUMI

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中